2001年5月6日「がんばれ

 

今回の公演でももっとも山場であると思われたGWも
無事終わった。
不安だった声の調子も、驚くほど大丈夫だった。
かわりに体は面白いほどボロボロになった(苦笑)。
でも、奇跡の整体師さんのおかげで、
テーピングで乗り切ることができた、いや、まだわからんけど。
テーピングって本当にすばらしいですね。
今回の公演で初めてその価値を知りました。

初日から書きつづけてきた「喉日記」も随分増えた。
これは何かといいますと、毎朝起きてまず声の調子を書き留めます。
そして、本番中の声の調子をまた書き留めるのです。
朝これぐらいでたから、今日はこんな調子とか、
喉のここが痛い、ひっかかりを感じるので
今日は声帯がこうなってるとか、
薬をどれぐらい飲んだか、とか
耳鼻咽喉科のファイバースコープで見せてもらった
自分の声帯の様子を絵で描いたりとか
自分で理解することで、声の調子を整えていくのです。
これがなかなか正解。
弱点を知り、そろえとうまく付き合っていかなければ
これから先やってけませんからね。
公演が終わった暁には公開したいぐらいだけど
一応企業秘密ということで・・・。

そんなボロボロの中で、僕はいつのまにか
自分自身に「がんばれ」と呪文のようにつぶやいてます。
ええ、初日からずっと、1日何回言ってるかわからんぐらい。

「がんばれ〜、がんばれ〜」

って。他の人が見たら気持ち悪いだろうな〜。
でも、言ってるよ、言ってるよ細見。

精神が肉体を凌駕する日々。

なんかね〜、頑張れる気がするんですよ、ええ。
「がんばれ」って言いつづけてると、なんかそんな気がするんです。
不思議なもんですな、人間って。

東京公演あと2ステ。
でも、やることまだ多し。
兵庫の罠にかからないこと(笑)、
そして、余計なことして余計な場所で笑いをとらないこと。

は〜、東京千秋楽はどうなることやら・・・。
いろんな意味で目が離せませんぜ、うふふ・・・。

2回以上観にきてくださっているかた、実は日替わりでいろんなこと
やってますよ・・・ふふふ・・・・。


現実5月へ戻る

現実indexへ戻る